会社設立の手続きの必要書類について

会社を起こして自分で事業を始めれば自分が会社の社長となります。社長というとなんだか偉くなった感じもします。そして会社の社長の事を別の呼び方では代表取締役といいます。そして代表取締役の住所と名前は会社の登記簿に記載されることになりますのでその会社の社長は誰であるかは会社の登記簿を見ればすぐわかります。そして会社を起こすためには会社の設立をする手続きをして会社を作る必要があります。会社の設立する手続きは会社法という法律ができてから簡易に手続きをすることができるようになりました。しかし会社の設立の手続きは法律の知識を知っていないと難しいので法律の知識のない一般の人にとっては決して簡単な手続きではありません。そして会社を設立する手続きをするにはいろいろな必要書類が必要になってきます。そして会社設立の必要書類の大部分は会社設立の手続きの最終の手続きである登記手続きで必要になってきます。そして会社設立の手続きで必要な書類は設立する会社によって多少違いはありますが、共通する書類は会社のルールを定めた定款、役員又は代表者の印鑑証明書、会社の本店所在地や役員を決定した証明書などです。そして登記をする時にこれらの書類を見て適法に手続きがされているのかを確認することになります。

会社設立する際の必要書類

世の中には独立して自分の会社を立ち上げたいと思っている人がかなり大勢いると思われます。会社設立というと、やはり株式会社が一番に思い浮かびます。一見会社を立ち上げるというのはかなり難しそうに思えますが、一昔前と違い資本金が一円でよく役員も一人でよくなったので、かなり簡単に設立できるようになりました。とはいうものの、会社設立の必要書類は簡単にはなりません。必要な書類として、会社定款、払込証明書、発起人決定書、設立登記申請書、印鑑届書等が挙げられます。特に、会社定款は会社の憲法と言っても過言ではないくらい大事なものです。入念に作成しなければなりません。また、書類にばかり目がいきがちですが、印鑑も重要です。自分の印鑑と会社の印鑑の二種類が必要になります。法的に効力があるものを用意しなければいけないので、専門の業者に特注するのがよいかと思われます。必要書類等を揃える作業はいわゆる事務的な作業なので、そこまで大変ですが、そこまで頭は使いません。頭を使う、すなわち力を入れるべきところは、自分がどんな会社にしたいのかということです。どうせ会社を立ち上げるなら人の役に立つ会社を立ち上げて社会に貢献するようにしたほうがよいでしょう。そうすれば、自分だけでなく周りの人たちも幸せになれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*