会社設立をする際の必要書類について

会社設立を行うには必要書類を準備する必要がある。その必要書類の一つに、会社設立を行うにあたって、その会社がどの様な事業を行うか(事業目的)を記した「定款」が必要である。事業目的とは、「その会社が何をしている会社なのか」ということを客観的視点から記述して世間に知らせるためのものである。定款に事業目的が記載されていない場合は申請が通らないので、必ず明確に記載する必要がある。次に、事業目的を記載する際には、認定許可が必要な業種かどうかを確認する必要がある。自分の会社を設立しても、あらゆる事業を自由に行える訳ではない。予め事業を開始する前に事業目的を明らかにして、必要機関から「許可」を得る必要がある。具体的には、介護に関する事業・労働者を派遣する事業・建設業・運送業などは事業目的が厳しく審査される。もし、必要な事業目的が明確に記載されていない場合、不許可になる。自分が設立しようとする会社が行う事業内容は、許可が必要なものか、そうでないかを必ず事前に確認する必要がある。また、事業目的は現時点で行おうとする内容以外に、将来性を加味した記載も可能である。「現在はこの様な業務を中心におこない、将来的には別の事業に広げていく」というような書き方がお勧めである。

必要書類で考える会社設立

会社設立時には色々と費用がかかりますが、その中で、必要書類を作成するためにも費用がかかります。個人事業主の場合ではそのまま役所に届けて大きな費用がかかりませんが、会社設立となると、30万円程度は最低でもかかってきます。その背景としては、法律的な必要書類を作成する場合には、色々と費用がかかり、また必ず提出しないといけないものであるため、避けては通れない費用であると言えます。一般にそういった資格を持っている人はあまり多くはないため、自身で作成できるものではないため、法律的なチェックをしてしっかりとした書類を作成することが大切です。また、不備事項が見つかると優遇が受けられないなどのことも発生するため、しっかりと作成して優遇制度を受けることが大切です。特に非課税の枠を活用するためには、経理の面からも揃えておくべき帳簿がいくつかありますし、そういった側面を考えても、会社設立時にまとめて揃えておくことが重要であると言えます。また、しっかりとした書類作成をすることが出来れば、それ以降も同じ事務所に頼むことで今後の関係性を築いていくことができますし、何かあった際の相談相手としても非常に有望であると言えます。