会社設立手続きを行なう時の必要書類の作成

会社設立には多くの書類が必要となり、記載されている内容に相違部分があったりすると受け付けてもらえず、書類の作成し直しなど時間が掛かってしまいますから、細部まで注意し作成していく必要があります。必要書類には、定款承認時に必要なものと登記申請時に必要なもの、株式会社を設立する場合にはさらに作成する書類の量は増えます。会社設立の発起人が1名の場合と複数の場合でも揃える内容に違いが出てきます。定款認証の時、発起人が複数の場合それぞれの印鑑証明書が必要になり、定款も会社保管用と公証役場提出分、法務局提出分と3部作成が必要です。法務局にオンライン申請を行なう場合には、電子定款作成が必要となり電子ファイルを準備する必要があります。また代理人に任せる場合は委任状が必要になります。電子定款の作成から提出は自分たちで全て行なうのは難しいですから、多くが司法書士に依頼を行なうことになるので忘れずに準備が必要です。登記時の必要書類には、設立登記申請書から公証役場で認証を受けた定款の謄本、代表取締役・取締役・監査役の就任承諾書や出資払い込み証明書、会社の実印の印鑑届出書など他にも必要なものが多く、スムーズな書類作成を行なっていくためには必要書類を把握している、司法書士や行政書士などの専門家のサポートを受けると不備を減らし、短期での会社設立完了が望めます。

会社設立時の必要書類とその手続きの流れ

多くの人が一度は考えたことがあるのではないかと思われる会社設立ですが、あまりその際の必要書類や手続きの流れなどを知っている人は多くないのではないのでしょうか。まず会社設立に際し、最初にしなければいけないのは、定款の作成です。定款とは、どんな職種の会社にするのか、役員をだれにするのか、株式発行数は何株にするのかなど、会社の基礎となる部分を決めた書類です。これを作って初めて、会社として登記し、法人格を得ることができます。そして、その定款を作る際の必要書類もいくつかあります。役員となる人の住民票や印鑑証明と実印、資本金の入った通帳のコピーなどがそれにあたります。それらすべてをそろえ、登記を行うわけですが、申請すればすぐに設立されるわけではありません。申請作業にとりかかってからから一か月から一か月半程度を設立までの期間として考えておく必要があります。一度は夢みる独立開業ではありますが、手続きがそれほど簡単ではないというのも現実です。そのため、税理士や行政書士などの中には、開業支援業務という形で、新しく開業をしようという人の会社設立手続き代行を、比較的安価で行ってくれるところもおおくあるようです。